下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 知っておこう、足にできる静脈瘤のこと » 側枝静脈瘤

側枝静脈瘤

こちらでは側枝静脈瘤の症状の概要や適した治療方法について解説します。

側枝静脈瘤とは?

伏在静脈から枝別れした静脈の先の部分にある静脈弁が壊れて血液が逆流して溜まったもので、伏在静脈瘤よりも小さいという特徴があります。 深部から表在へと筋肉を貫通して血液が逆流する静脈(不全穿通枝)により作られる静脈瘤のことも側枝静脈瘤という場合があります。

膝から下にできることが多く、孤立していることもあります。

側枝静脈瘤の症状

足がむくむ、だるい、重い、痛む、ほてる、つる(こむら返り)

症状が進むと湿疹、色素沈着、潰瘍ができる場合もある

側枝静脈瘤の治療方法

伏在静脈同様、根治的な治療方法は手術(重症化すると手術が必須)

血管抜去手術(ストリッピング手術)

これまでは静脈弁が壊れて逆流している静脈を引き抜く手術法血管抜去手術(ストリッピング手術)が行われてきました。

下腿の内側と足の付け根を切開し、静脈の中にワイヤー状になった器具を入れて静脈を引き抜く方法で、通常は入院して全身麻酔か下半身の部分麻酔を用いて行われます。

血管を抜く時に神経を傷つけることがある、出血が多くなる、傷跡が残る、術後に痛みがあるなどのデメリットがあります。

高位結紮術

静脈弁が壊れて逆流し始めている部分の皮膚を小さく切開して結紮し、血液の逆流を止めるという治療方法です。

下半身の部分麻酔でできるので日帰り可能ですが、高位結紮術で完治することはなく、再発率も非常に高いので、切開部位を多くして結紮部分を増やしたり、同時に硬化療法を行ったりすることもあります。

硬化療法

静脈瘤がある血管内に注射で硬化剤を入れ、血管を圧迫して閉塞させる治療方法で、閉塞して固まった血管は萎縮してなくなります。

傷跡が残らず体への負担も少ない治療法ですが、大きな静脈瘤にはあまり効果がない、再発率が高い、しこりや痛みがしばらく続く、血管硬化時に炎症が起きるため色素沈着が出来てなかなか消えないなどのデメリットがあります。

レーザー治療

最近では傷口が小さく神経の損傷や出血が少ない低侵襲治療として高周波やレーザーを使った血管内焼灼術が多く行われるようになってきています。

手術時間が短く日帰り可能で、日常生活にもすぐに復帰できるというメリットがあります。