下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 知っておこう、足にできる静脈瘤のこと » 伏在型静脈瘤

伏在型静脈瘤

こちらでは伏在型静脈瘤の症状の概要や適した治療方法について解説します。

伏在型静脈瘤

多くの人に発症する下肢静脈瘤。命にかかわるほどの重病ではないのですが、足がだるかったりむくんだりして、慢性的な疲れを感じたり、潰瘍や血栓ができたりすることもあります。

下肢静脈瘤の中でも伏在型静脈瘤は手術が必要な場合があるので、もし足の血管が浮き出てきたりしたら放置せずに早めに専門医に診てもらいましょう。

下肢の静脈には表在静脈と深部静脈とがあり、下肢を流れる血液の9割は深部静脈を通って心臓に戻ります。残りの1割は足の表面近くにある表在静脈で下肢静脈瘤は表在静脈に起こる疾患です。

伏在静脈は足の付け根と膝の裏で深部静脈に合流する太い表在静脈で、伏在静脈にある弁がなんらかの原因で壊れてしまい血液が逆流してふくらはぎ、すね、膝、太ももなどの血管がコブのように浮き上がってしまった状態を伏在静脈瘤といいます。伏在静脈瘤には大伏在静脈瘤と小伏在静脈瘤があります。

伏在型静脈瘤の症状

静脈瘤が大きく目立ち、足がだるい、むくむ、重い、痛む、ほてる、つる(こむら返り)
症状が進むと湿疹、色素沈着、潰瘍ができる場合もある

伏在型静脈瘤の治療方法

根治的な治療方法は手術(重症化すると手術が必須)

大伏在静脈瘤

大伏在静脈は足首の内側から下肢の内側を通り足の付け根で深部静脈に合流していますが、静脈弁が壊れて本幹や主要分枝に静脈瘤が発生したものを大伏在静脈瘤と言い、最も多いタイプの下肢静脈瘤です。

下腿から大腿部内側、下腿の外側、大腿部の後ろに発症します。

小伏在静脈瘤

小伏在静脈はアキレス腱外側から膝の裏で深部静脈に合流する表在静脈です。小伏在静脈瘤は大伏在静脈瘤の次に多い静脈瘤で、足首の後ろからふくらはぎ、膝の後ろに発症します。

下肢静脈瘤の手術

下肢静脈瘤の根治的な治療方法は手術で、これまで長い間、血管抜去手術(ストリッピング手術)が行われてきましたが、血管を抜く時に神経を傷つけたり、出血が多くなる、傷跡が残る、術後に痛みがある、入院が必要などの欠点がありました。

最近では傷口が小さく神経の損傷や出血が少ない低侵襲治療として高周波やレーザーを使った血管内焼灼術が多く行われるようになり、手術時間が短く日帰り実施が可能で、日常生活にもすぐに復帰できるので、安心して治療を受けられるようになってきています。