下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 知っておこう、足にできる静脈瘤のこと » 放置しても大丈夫か

放置しても大丈夫か

こちらでは命にかかわる病気ではないものの別の病気の可能性もあり早期治療が大切である下肢静脈瘤を放置しておくとどうなるのか?について解説します。

放置しても自然に治ることはない

40歳以上の女性の発症が多く、出産経験のある女性なら2人に1人、加齢とともにさらに増えていくといわれている下肢静脈瘤。

しかし女性だけではなく日本人の男女の15歳以上で4割、30歳以上で6割の人に静脈瘤があるという報告もあるほど、実は身近な疾患なのです。

命にかかわるような病気ではないので放置している方も多いのですが、血液の逆流を防ぐ静脈弁が壊れてしまうことが原因で起こる疾患なので、放置して自然に治るということはなく、だんだん悪化していきます。

治療すれば治る病気ですし、最近では痛みや傷跡も少なく日帰り可能なレーザー治療もあるので、足のだるさ、痛み、むくみ、血管が浮き上がっているなどの症状がある場合は早めに専門医に診てもらうことをおすすめします。

下肢静脈瘤だと思っていたら脊柱管狭窄症や変形性膝関節症だったということもあるので、まずは医師の診察を受けるようにしましょう。

進行のペースはどのくらい?

一度下肢静脈瘤ができてしまうと、どんどん進行していきます。普通は、ゆっくりと進行するのですが、美容師、教師、客室乗務員、調理師、看護師など、一日立ったままの仕事をしている人は進行が速いです。

また、年齢とともに血管が弱くなっていくので、加齢も進行のペースを速めます。

下肢静脈瘤を放置するとどうなるの?

下肢静脈瘤が原因で死亡したり、足が壊死してしまって切断したりということはないのですが、放置しておいても自然治癒にすることはなく、だんだん悪化します。

悪化すると痛みがひどくなったり、脂肪皮膚硬化症や湿疹などの静脈うっ滞性皮膚炎になったり、潰瘍ができたり、最悪な場合は血栓ができて脳梗塞や肺塞栓をひき起こすこともあります。

皮膚炎や潰瘍になってしまうと治療しても、なかなか治らなかったり跡が残ったりするので、そうなる前に治療を受けるようにしましょう。