下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 知っておこう、足にできる静脈瘤のこと » 見た目でわかる下肢静脈瘤4つのタイプ

見た目でわかる下肢静脈瘤4つのタイプ

こちらでは伏在型静脈瘤、くもの巣静脈瘤、網目状静脈瘤、側枝静脈瘤それぞれの下肢静脈瘤の症状について解説します。

4種類の下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤は大きく分けると症状によって伏在型静脈瘤、くもの巣静脈瘤、網目状静脈瘤、側枝静脈瘤の4つの種類に分けられます。

代表的な症状は血液が逆流して拡張した静脈が浮きあがって瘤(コブ)のようになるものですが、下肢静脈瘤ができると血行が悪くなるためにうっ血が起こり、慢性的な足の疲れ、だるさを感じるようになります。

また、むくみ、つる(こむら返り)、かゆみ、皮膚炎、色素沈着なども起こり、悪化すると潰瘍や血栓ができたりします。

伏在型静脈瘤

足の付け根と膝の裏で深部静脈に合流する太い表在静脈で伏在静脈にある弁がなんらかの原因で壊れてしまい、血液が逆流してふくらはぎ、すね、膝、太ももなどの血管がコブのように浮き上がってしまった状態を伏在静脈瘤といいます。

多くの人に発症する下肢静脈瘤で、命にかかわるほどの重病ではないのですが、足がだるかったりむくんだりして、慢性的な疲れを感じたり、潰瘍や血栓ができたりすることもあります。

下腿から大腿部内側、下腿の外側、大腿部の後ろに発症する大伏在静脈瘤と、足首の後ろからふくらはぎ、膝の後ろに発症する小伏在静脈瘤があります。

伏在型静脈瘤を詳しくみる>>

くもの巣静脈瘤

皮膚の下にある極めて細い静脈が、拡張することにより浮き出し、くもの巣状に広がっている静脈瘤です。足全体に広がることもあるので見た目が気持ち悪いという人が多いです。

網目状静脈瘤同様、伏在静脈瘤のようなデコボコしたコブはなく、静脈が赤紫色になって広がり、中高年女性の太もも外側、膝の内側、くるぶしに発症することが多く、むくみや痛みがある場合があります。

くもの巣静脈瘤を詳しくみる>>

網目状静脈瘤

皮膚の下にある極めて細い静脈が、拡張することにより血管が浮き出し、網目状に広がっている静脈瘤です。足全体に広がることもあり美容上、見た目が美しくないので精神的な悩みになっている方も多いです。

網目状静脈瘤はくもの巣静脈瘤同様、伏在静脈瘤のようなデコボコしたコブはありません。また、はっきりとした青色の血管拡張が確認できます。

くもの巣静脈瘤と同じく中高年女性の太もも外側、膝の内側、くるぶしに発症することが多く、むくみや痛みがある場合があります。

網目状静脈瘤を詳しくみる>>

側枝静脈瘤

伏在静脈から枝別れした静脈の先の部分にある静脈弁が壊れて血液が逆流して溜まったもので、伏在静脈瘤よりも小さいという特徴があります。

深部から表在へと筋肉を貫通して血液が逆流する静脈(不全穿通枝)により作られる静脈瘤のことも側枝静脈瘤という場合があります。

膝から下にできることが多く、孤立していることもあります。 足がむくむ、だるい、重い、痛む、ほてる、つる(こむら返り)などの症状があり、進行すると湿疹、色素沈着、潰瘍ができる場合もあります。

側枝静脈瘤を詳しくみる>>