下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 知っておこう、足にできる静脈瘤のこと

知っておこう、足にできる静脈瘤のこと

下肢静脈瘤の発症する原因、症状、下肢静脈瘤4つのタイプ、費用目安、放置した場合どうなるか、治療の名医、検査内容について解説しています。

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤の症状の概要、足の静脈の仕組み、筋ポンプ、静脈還流のメカニズムについて解説しています。

発症する原因

年齢、遺伝、性別、スポーツ、妊娠、仕事など、下肢静脈瘤になりやすい人の特徴について解説しています。

おもな症状

ふくらはぎのだるさ、むくみ、こむらがえり、潰瘍、血管が浮き出るといった下肢静脈瘤の症状について解説しています。

見た目でわかる下肢静脈瘤4つのタイプ

下肢静脈瘤は症状によって大きく4つのタイプに分けられます。

伏在型静脈瘤

伏在静脈にある静脈弁が壊れることで発症する伏在静脈瘤には大伏在静脈瘤と小伏在静脈瘤があります。

伏在型静脈瘤の詳細はこちら>>

くもの巣静脈瘤

皮膚の下のある極めて細い静脈が径2~3㎜くらいに拡張し、くもの巣状に広がっている静脈瘤です。

くもの巣静脈瘤の詳細はこちら>>

網目状静脈瘤

皮膚の下のある極めて細い静脈が径0.1~1㎜くらいに拡張し、網目状に広がっている静脈瘤です。

網目状静脈瘤の詳細はこちら>>

側枝静脈瘤

伏在静脈から枝別れした静脈の先の部分にある静脈弁が壊れて血液が逆流して溜まった静脈瘤です。

側枝静脈瘤の詳細はこちら>>

治療方法ごとの費用目安

ストリッピング手術やレーザー治療など、方法ごとに費用目安を紹介し、おすすめクリニック5院の費用例も掲載しています。

放置しても大丈夫か

命にかかわるような病気ではないので放置している方も多いのですが放置して自然に治ることはなく、だんだん悪化していきます。最悪の場合足を切断する結果になってしまうケースもある様なので、早めにクリニックへ相談することをおすすめします。

名医の条件

ドクターの実績、レーザー・高周波治療をメインでやっているかなど、下肢静脈瘤のクリニック選びのポイントについて紹介しています。

病院での検査内容

下肢静脈瘤の検査前に聞かれる内容をリストアップし、ドップラー血流や容積脈波検査などの診断方法についても説明しています。