下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » そもそも下肢静脈瘤とは

そもそも下肢静脈瘤とは

「下肢静脈瘤」という病気について解説しています。そもそも下肢静脈瘤とは何なのか?どんな人がなる病気なのか?放っておくとどうなるのか?治療はどんな内容なのか?など。気になる情報をまとめてお届けします。

下肢静脈瘤とはどんな病気なのか?

下肢静脈瘤とは、足の甲やふくらはぎ、膝裏、太ももに血管が浮き出る症状の病気です。主な原因は、下肢静脈の弁破損。血液が静脈を通れなくなった結果、血液、血中の水分、老廃物などが下肢に溜まり、ボコボコと血管が浮き出ます。脚の血管が目立つ人は下肢静脈瘤の可能性が高いので要注意です。

どんな人がなりやすい?

下肢静脈瘤に最もなりやすいと言われているのは「女性」です。しかし、男性だからと言って安心は禁物。下肢静脈瘤の原因は性別だけではありません。原因をひもときながら、下肢静脈瘤になりやすい人についてご紹介しています。

下肢静脈瘤になりやすい人の詳細はこちら>>

初期症状の見分け方は?

下肢静脈瘤に大きく目立つ初期症状はありません。小さなサインを見逃さないことが、下肢静脈瘤の悪化を防ぐ唯一の方法です。見落としやすい下肢静脈瘤の初期症状についてまとめているので、当てはまるものがないか照らし合わせてみてください。

下肢静脈瘤の初期症状はこちら>>

遺伝はするの?

「両親とも下肢静脈瘤だった場合、遺伝するのか」というのは誰もが気になるところ。そこで、下肢静脈瘤が遺伝する確率について調査しました。遺伝子と下肢静脈瘤の関係が推測できる「下肢静脈瘤患者が多い国の傾向」についても解説しています。

下肢静脈瘤の遺伝についてはこちら>>

放置するデメリットは?

下肢静脈瘤は、病気だと知らずに放置している人が大多数。「血管が目立つくらいで、大事には至らない」と軽視しているようです。しかし、実際のところは放置していると恐ろしい結果に…。放置にデメリットはあれど、メリットはありません。自然に治ると思っていた人は正しい知識を身に着けていきましょう。

下肢静脈瘤を放置するデメリットはこちら>>

どんな検査を受ける?

下肢静脈瘤を調べる方法とひと口に言っても、検査の種類によって精度や痛みは異なります。検査の種類は大きく分けて4つです。それぞれの検査方法の特徴を解説しているので、下肢静脈瘤かどうか診てもらいたい人はどの検査を受けるかチェックしてくださいね。

下肢静脈瘤の検査内容はこちら>>

術後の見た目は?

下肢静脈瘤の症状は、女性にとって脚のコンプレックスを生む1つの原因。ボコボコと血管の浮き出た脚の見た目を早く治したい気持ちは分かりますが、適切な治療を受けないと治療跡や内出血が脚に残ることもあるので注意!治療法ごとに、どのような見た目になるかを解説しているのでご参考ください。

下肢静脈瘤治療の見た目への影響はこちら>>

再発の可能性は?

下肢静脈瘤の再発率は治療法によって大きく変化します。「お得だから」「痛くなさそう」という理由で選ぶのも良いですが、再発の度に何度も治療を受けることなれば、結果的に身体と財布へ負担をかけることに…。それぞれの治療法の再発率についてまとめているので、ご一読ください。

下肢静脈瘤を再発率についてはこちら>>

手術は痛いの?

下肢静脈瘤の手術・治療法はさまざま。どの方法を受けるかによって、施術中に生じる痛みは異なります。もちろん、術後の痛みや違和感など、ダウンタイム・後遺症の内容も大きく変化。治療を受ける前に、各治療法の痛みに関する情報について知っていきましょう。

下肢静脈瘤手術の痛みについてはこちら>>