下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » どの治療法が最適?下肢静脈瘤の種類

どの治療法が最適?下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤の種類について解説しています。脚に静脈瘤が見られる人は、どのタイプに当てはまるか照らし合わせてみてくださいね。

貴方はどのタイプ?下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤には複数のタイプが存在し、それぞれ原因や症状、治療法が異なります。原因や症状に合わない治療を受けてしまうと、悪化したり、関係ない血管や神経を傷つけてしまったりする可能性があるんです。そうならないように、下肢静脈瘤を5つのタイプに分け、それぞれの特徴とメカニズム、適切な治療法をまとめました。

伏在型静脈瘤

下肢静脈瘤の種類の中で、最も発症する確率の高い「伏在型静脈瘤」について徹底調査。伏在型静脈瘤には2つのタイプがあり、それぞれ適した治療法が異なることが分かりました。

静脈瘤位置と相性の悪い治療を受けたなら、再発したり痛みや跡が残ったりする結果に…。そうならないよう、各治療の特徴と相性の良い静脈瘤、受けられるクリニックをご紹介しています。

くもの巣静脈瘤

極細の静脈にできるため、症状が最も分かりづらく、病気だと気付かれにくい「くもの巣静脈瘤」の特徴を解説しています。見た目が似ている網目状静脈瘤との気になる違いもまとめました。

痛みや血管の隆起がないことから軽視されがちな下肢静脈瘤ですが、放置していると取り返しのつかないことになりますよ!くもの巣静脈瘤だと気付いた時点で足を運べるように、治療を受けられるクリニックもご紹介しています。

網目状静脈瘤

欧米人や色の白い日本人などに多く、そして気付かれにくい「網目状静脈瘤」について調査しました。ふくらはぎに網のような血管が青白く浮き出ている人は、必ず目を通してください。もちろん、見分けにくい「くもの巣静脈瘤」との違いも解説していますよ。

ショートパンツや膝上のスカートを網目状静脈瘤のない脚で履くために、網目状静脈瘤に特化した治療法と対応クリニックについても要チェック!

側枝静脈瘤

伏在型静脈瘤との併発率が高い「側枝静脈瘤」の情報を集めました。側枝静脈瘤と伏在型静脈瘤の関係性、特有の症状、放置するリスクなど、知っておくべき情報がたくさん詰まっています。頻繁に脚がむくんだり、こむら返りが起こったりする人はぜひ目を通してください。また、適切な治療と対応クリニックを抜粋しているので、早期発見・治療したい方は必見です。

陰部静脈瘤

女性に必ず目を通していただきたいのが「陰部静脈瘤」です。ほかの下肢静脈瘤と比べると目に見える症状はありませんが、痛みやだるさを引き起こす辛い病気。もし、「生理中に脚の異変を感じる」「妊娠してから脚のだるさが治らない」という人は陰部静脈瘤かもしれません。

辛さを我慢せずにクリニックへ行ってみることをおすすめします。適切な治療法と対応クリニックを紹介しているので、参考にしてみてくださいね。