下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » 下肢静脈瘤の症状 » 足がつる

足がつる

足がつるのは別名「こむら返り」と呼ばれる現象。足の筋肉が痙攣してしまうことを指します。足がつる原因は、運動による「脱水」や「筋肉疲労」が一般的。そのため、病気と結びつけて考える人はほとんどいません。

ここでは、足がつる症状と病気の関係について詳しく紹介しています。

対処法についてもまとめているので、足がよくつってしまう人は、このページをぜひチェックしてくださいね。

足がつるのは下肢静脈瘤のせい?

下肢静脈瘤とは、足の静脈機能が正常に働かず血液が逆流してしまう病気。下肢静脈瘤になると、血液の循環が悪くなり、足の筋肉が収縮してつってしまうのです。

足はうっ血してしまうと、むくんだり痒くなったりします。足がつるのと同時にこれらの症状がある場合、下肢静脈瘤の可能性が高いでしょう。

下肢静脈瘤は特に女性に多い病気で、妊娠や出産、加齢などが影響します。また、肥満や立ち仕事も原因となるので要注意です。

対策として、定期的に座る時間を設けたり、日頃から運動する習慣をつけるとよいでしょう。また、弾性ストッキングの着用もおすすめです。弾性ストッキングは血行を改善する効果があります。足がつるのも予防できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

あなたの足がつるのは下肢静脈瘤だけが原因じゃないかも

足がつる原因かもしれない病気は、下肢静脈瘤の他にも複数あります。

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

閉塞動脈硬化症は、下半身に繋がる下腹奥にある血管が詰まってしまう病気です。閉塞動脈硬化症になると、間接的に下半身の血行も悪くなるので、足がつってしまいます。最悪の場合、足を切断する結果に。放置しておくととても危険な病気です。

肝臓病

肝硬変になると、肝臓の働きが低下すると同時に体内のミネラルバランスが崩れ、足がつる場合があります。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、あまり不調が身体に表れない病気。お酒が好きで足がよくつるという方は注意が必要です。

脳梗塞・心筋梗塞

脳梗塞、心筋梗塞になると、脳から筋肉へ送られるシグナルに異常が出て、筋肉の収縮が正常に機能しなくなり、足がつります。足がつる以外に「視界が悪い」「つまづきやすくなった」「ろれつが回らない」という症状が出た場合は要注意です。

糖尿病

糖尿病は体内のインスリン量が不足し、エネルギーとなるブドウ糖を正常に運べなくなる病気。糖尿病になると、神経系の機能に影響が出てしまい、足がつってしまいます。糖尿病は食生活の見直しや運動で対策しましょう。

「足がつる」という症状には、さまざまな病気の可能性が隠れています。原因を知るためには、病院へ行くことが大切です。足がつりやすい人は一度専門の病院で診察を受けて、正しい対策や治療を知りましょう。