下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 下肢静脈瘤を治療するための手術一覧 » ストリッピング手術

ストリッピング手術

こちらでは下肢静脈瘤の一般的治療法であるストリッピング手術の概要、手術に適した症状の説明、手術のメリットデメリットについて解説します。

ストリッピング手術について

ストリッピング手術とは、静脈にある弁が閉じなくなって血液が逆流し、血液がたまって静脈瘤になってしまっている静脈を引き抜くという治療方法で、足首と足の付け根の2カ所を2~3cm程度切開し、静脈瘤ができた血管内にストリッパーというワイヤーを通して糸で血管と固定、ワイヤーごと静脈を引き抜くという治療法です。

下肢静脈瘤を根治する標準的治療方法として100年以上も前から行われ、下肢静脈瘤の中でも最も太い伏在型静脈瘤に行われることが多い手術です。 全身麻酔や腰椎麻酔、硬膜外麻酔などの下半身麻酔を使って手術するため以前は1~2週間の入院が必要でしたが、最近は入院期間を短縮している医療機関が増えたので入院期間は4~5日に短縮されています。

現在では静脈麻酔やTLAなどの特殊局所麻酔を使用して日帰り手術ができるクリニックも増えていますが、これができるのは限られたクリニックや医療機関のみなので、日帰り手術を希望する場合は可能かどうか問い合わせてみてください。

手術するメリットとデメリット

ストリッピング手術は伏在型静脈瘤の根治治療で、血管内治療をすることができない大きな静脈瘤でも治療できる、再発率が低く治療成績も安定しているというところがメリットとしてあげられます。

しかし入院が必要、切開するので術後に痛むことがある、傷の治りが悪く化膿することがある、神経障害・皮下出血などの後遺症が出ることがある、傷痕が残るなどのデメリットがあり、手術による傷修復反応で新しく静脈瘤が発生することもあります。

そのため最近では伏在型の静脈瘤でも、レーザーや高周波治療が安全で効果があるといわれています。

治療費の目安と手術に適した症状

ストリッピング手術の治療費の目安は40,000円程度、保険適用可能。 適している下肢静脈瘤は伏在型静脈瘤です。