下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 下肢静脈瘤を治療するための手術一覧 » 小伏在静脈ストリッピング

小伏在静脈ストリッピング

こちらでは小伏在静脈瘤ストリッピング手術の概要、手術に適した症状の説明、手術のメリットデメリットについて解説します。

小伏在静脈の下肢静脈瘤ストリッピング手術について

下肢静脈瘤の根治的な治療法として知られるストリッピング手術。静脈瘤は表在静脈という皮膚の表面にある静脈の逆流防止弁がなんらかの原因で弁不全を起こして逆流して溜まることによって起こるものですが、その悪くなった静脈をワイヤーで抜き取るというのがストリッピング手術です。

表在静脈には太ももからふくらはぎの内側を流れる大伏在静脈と、ふくらはぎのうしろを流れる小伏在静脈の2つがあり、どちらに静脈瘤ができるかによって手術内容や手順が異なります。 一般的にストリッピング手術というと大伏在静脈の場合のことが多いですが、小伏在静脈の場合はどう違うのでしょうか?

まず手術時の体位は基本的に側臥位かうつ伏せとなり、仰向けで手術する大伏在静脈の場合と大きく違います。

また、大伏在静脈の静脈瘤は太ももからふくらはぎに発生しますが、小伏在静脈の静脈瘤は膝の裏からふくらはぎに発生するので、膝窩静脈接合部をしっかり見極めてマーキングすることがとても重要となってきます。そのため普通は手術前にエコーで確認を行います。

小伏在静脈は腓腹神経と隣接しているので手術中に神経を損傷しないように、大伏在静脈に比べるとストリッピング手術を行う範囲が小伏在静脈のほうが狭くなります。 もし、神経を損傷してしまうと痺れや感覚麻痺を生じることがあります。

最近は局所麻酔による日帰り手術も可能なので、特に目立つ膝の裏にできた下肢静脈瘤は信頼できる医師のもとで手術してもらう価値が十分にあります。

手術するメリットとデメリット

大伏在静脈同様、小伏在静脈瘤の根治治療としてストリッピング手術は再発率が低く治療成績も安定しているというメリットがあります。また、医療技術の進歩によって患者への負担も少なくなり、より安全に手術できるようになってきています。

デメリットとしては大伏在静脈と同じく入院が必要であったり、術後に痛むことがあったり、傷が化膿したり、神経障害や皮下出血があったり、傷痕が残るなどがあり、手術による傷修復反応で新しく静脈瘤が発生することもあります。

合併症リスクも大伏在静脈とほとんど同じですが、小伏在静脈の場合は腓腹神経の損傷で痺れや感覚麻痺を生じる恐れがあります。

治療費の目安と手術に適した症状

治療費の目安は40,000円程度、保険適用可能。 ストリッピング手術が適している下肢静脈瘤は小伏在静脈瘤です。