下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 下肢静脈瘤を治療するための手術一覧 » レーザー治療

レーザー治療

こちらではレーザーによる下肢静脈瘤治療の概要、手術に適した症状の説明、手術のメリットデメリットについて解説します。

下肢静脈瘤のレーザー治療について

静脈を引き抜くストリッピング手術のかわりに静脈を焼いて塞ぐ治療法に血管内治療があります。焼かれた静脈は縮んで固くなり半年程で吸収されてなくなります。血管内治療にはレーザー治療と高周波(ラジオ波)治療があり、レーザー治療には血管内レーザー焼灼術と体外照射レーザー治療があります。

血管内レーザー焼灼術

主に伏在静脈瘤のように足の表面に血管が浮き出て蛇のようになったタイプの静脈瘤の治療に使われる方法です。

静脈の逆流を防止する弁がなんらかの原因で壊れてしまい血液が逆流を起こして静脈瘤となった血管内に、細いレーザーファイバーを挿入、熱で静脈の内側を焼いて上から抑えて血管を塞ぎます。血液が流れなくなった静脈は繊維化し体に吸収されてなくなります。

最初のうちは術後の長期データもないため下肢静脈瘤の血管内レーザー焼灼術を行う医療機関は限られていましたが、数多くの血管内レーザー焼灼術が世界中で行われるようになった現在、術後データも蓄積され、効果と安全性も立証されています。

2011年の980nmに続き、2014年5月に1470nmレーザーにも保険が適用されるようになり、血管内レーザー焼灼術治療を受けられる医療機関がますます増え、 今あるレーザーで最も長い波長のものは2000nmですが、組織との反応が良く水分吸収率が高く、少ない照射量で手術時間が短くすみ、患者への負担が軽く合併症も少ないので最も効果的と言われています。

症状や進行状況に応じスタブ・アバルジョン法を組み合わせることで、さらに効果的な治療を行うことができます。

血管内レーザー焼灼術のメリットとデメリット

ストリッピング手術と同じような効果がありながら、局所麻酔をかけて細いファイバー管を挿入するだけなので入院不要で日帰りができる、傷口が小さく出血も少ない身体に負担の少ない治療であることがメリットです。

デメリットは術後の皮下出血、ツッパリ感、痛みを伴う場合がある、血管が残っているので再発することがある、伏在型瘤でも屈曲や蛇行している場合は解剖学的制限から治療を受けられないことがある、などがあげられます。

体外照射レーザー治療

青色の血管拡張の網目状静脈瘤や赤紫色の血管拡張のクモの巣状静脈瘤は伏在型静脈瘤のように大きく血管が浮き出ることはないですが、見た目が気持ち悪く、痛んだり、むくんだりすることもあります。

これまで治療には硬化療法が行われていましたが、最近では体外照射レーザー治療(ロングパルスYAGレーザー)を使うところがふえています。

ロングパルスYAGレーザーには血管壁を変性させて収縮させる性質があり、血管にパルス照射(断続的に一定間隔照射)することで血管を塞ぐことができますが、合併症を抑えるために照射は複数回に分けて行われます。

体外照射レーザー治療のメリットとデメリット

一回の照射は30分~1時間なので終了後すぐに帰宅でき入院の必要がなく、身体に負担の少ない治療であることがメリットで、複数回通院する必要があることがデメリットにあげられます。

治療費の目安と手術に適した症状

治療費の目安は50,000円程度、保険適用可能。 血管内レーザー焼灼術に適した下肢静脈瘤は伏在型静脈瘤、体外照射レーザー治療に適した下肢静脈瘤は網目状静脈瘤・クモの巣状静脈瘤です。

血管内レーザー焼灼術に使用されているレーザーの種類

  • 810nm Diomed D15ダイオードレーザー
  • 980nm ELVeSダイオードレーザー
  • 1320nm CTEV YAGレーザー
  • 1470nm ELVeS ダイオードレーザー
  • 2000nm Revolix jrレーザー