下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » 日帰りでできる下肢静脈瘤の手術方法一覧 » レーザー治療

レーザー治療

下肢静脈瘤治療のレーザー治療に焦点を当てて、費用目安や再発の可能性などをまとめています。下肢静脈瘤ができてしまったけど、どういった治療をしたらいいのか分からないと言う人はぜひ参考にしてください。

下肢静脈瘤の治療法【レーザー治療】とは

下肢静脈瘤のレーザー治療には2種類のタイプがあります。

1つ目は、血管がボコボコと浮き出る伏在静脈瘤の治療に使われる「血管内レーザー焼灼術」です。下肢静脈瘤ができてしまった血管に、レーザーファイバーを入れて血流の逆流を塞ぐ治療法。

2つ目は、血管が透けて見える網目状静脈瘤やくもの巣状静脈瘤に効果的な「体外照射レーザー治療」です。大きな違いは、静脈壁を直接焼くか、体外からレーザーを照射して時間かけて治すか。因みに、体外照射レーザーの照射は合併症を抑えるため数回に分けて行われます。

レーザー治療の費用目安

血管内レーザー焼灼術、体外照射レーザー治療のどちらも保険適用となるので、50,000円程度で施術を受けられます。

ですが、レーザー機器の種類によっては保険適用外になることもあるので、レーザー治療を受ける際はまず医師に相談してみるといいでしょう。日帰りの施術なので、入院費がかからないのも嬉しいポイントです。

治療の流れ

血管内レーザー焼灼術の場合は、下肢静脈瘤にレーザーファイバーを挿入。血管の内側から熱を与えて血管を塞ぎます。

体外照射レーザー治療の場合は、皮膚を通して下肢静脈瘤を照射。

どちらのレーザー治療も約30分~1時間程度の治療で終わります。部分的に痛みを抑える局所麻酔を使用するため、日常生活への復帰も早いのも特徴です。

注意点として伏在型瘤でも血管が屈曲や蛇行している場合は解剖学的制限から治療を受けられない場合もあるので、早めに医師に相談するようにしましょう。

治療の注意点・再発の可能性は?

血管内レーザー焼灼術の注意点は、術後の皮下出血とツッパったような痛みを伴うケースがあることです。

体外照射レーザー治療は、合併症を避けるために複数回に分けて治療するので、通院の手間がかかります。再発率は体外照射レーザー治療の方が高いです。

レーザー治療が可能な銀座のクリニック一覧

銀座七丁目クリニック

所在地 東京都中央区銀座7-8-10 FUKUHARA GINZA 7F
診療時間 9:00~17:00
アクセス 東京メトロ銀座線 銀座駅A2出口 徒歩3分
東京メトロ日比谷線 東銀座駅A1出口 徒歩6分
JR 山手線 新橋駅1出口 徒歩4分
休診日 土曜・日曜・祝日
担当医師(院長) 赤羽紀武 医師

銀座七丁目クリニックでできる治療方法をまとめました。

東京プライベートクリニック

所在地 東京都中央区銀座5-1-15 銀座メディカルセンター3F
診療時間 平日10:00~18:00
土曜10:00~14:00
アクセス JR山手線 有楽町駅 徒歩5分
京浜東北線 有楽町駅 徒歩5分
東京メトロ丸ノ内線 銀座駅 徒歩4分
休診日 水曜・日曜・祝日
担当医師(院長) 金田宗久 医師

東京プライベートクリニックでできる治療方法をまとめました。

銀座ハートクリニック

所在地 東京都中央区銀座5-13-14銀座オリオルビル2F
診療時間 午後10:00~14:00午前16:00~20:00
(第1・第3・第5土曜)10:00~14:00
アクセス 日比谷線 東銀座駅 徒歩1分
浅草線 東銀座駅 徒歩1分
休診日 木曜、日曜、祝日、第2・4土曜
担当医師(院長) 永瀬裕三 医師

銀座ハートクリニックでできる治療方法をまとめました。

銀座コクリコ

所在地 東京都中央区銀座5-9-1 KOTYビル5F
診療時間 10:00~18:30
アクセス 銀座線 銀座駅A5出口 徒歩1分
都営浅草線 東銀座駅A1出口 徒歩3分
有楽町線 銀座1丁目駅 徒歩5分
JR山の手線 有楽町駅銀座口 徒歩8分
休診日 年中無休(特別休診日を除く)
担当医師(院長) 木村久理子 医師

銀座コクリコでできる治療方法をまとめました。