下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 下肢静脈瘤を治療するための手術一覧 » 大伏在静脈ストリッピング

大伏在静脈ストリッピング

こちらでは大伏在静脈瘤ストリッピング手術の概要、手術に適した症状の説明、手術のメリットデメリットについて解説します。

大伏在静脈瘤ストリッピング手術について

ストリッピング手術は皮膚の表面にある表在静脈の静脈弁が壊れてしまったことによってできた静脈瘤のある血管をワイヤーで抜き取るという手術方法で、下肢静脈瘤の一般的な治療法として知られています。

表在静脈には太ももからふくらはぎの内側を流れる大伏在静脈と、ふくらはぎのうしろを流れる小伏在静脈の2つがあり、どちらに静脈瘤ができるかによって手術内容や手順が異なります。

ストリッピングの典型的手術ともいえる大伏在静脈ストリッピング手術。手術時に全身麻酔を行うケースと局所麻酔で行うケースがあり、神経ブロック・高位結紮術を使うなど、治療内容によって併用する技術も違ってきます。最近は局所麻酔を使った日帰り手術ができる医療機関も増えています。

手術は、まず深部静脈と大伏在静脈と分岐する部分を確認してマークをつけてから行われますが、仰向けになった患者の大静脈合流部分を1~2cmくらい切開するので、特に医師の慎重さが必要になるところです。

手術するメリットとデメリット

ストリッピング手術は大伏在静脈瘤の根治治療で、再発率が低く治療成績も安定しているというメリットがあります。また、医療技術の進歩によって患者への負担も少なくなり、より安全に手術できるようになってきているので手術で大伏在静脈瘤を根本から治したい方にはピッタリの方法といえるでしょう。

デメリットとしては入院が必要であったり、術後に痛むことがあったり、傷が化膿したり、神経障害や皮下出血があったり、傷痕が残るなどがあり、手術による傷修復反応で新しく静脈瘤が発生することもあります。

特に術後には注意が必要で、手術後の痛みや出血が手術より問題になることもあります。皮下出血に対しては静脈を抜いた部分に生理食塩水を注入してガーゼなどを使って圧迫することで止血を行いますが、出血が多い場合、2~3週間痛むこともあります。

治療費の目安と手術に適した症状

治療費の目安は40,000円程度、保険適用可能。 ストリッピング手術が適している下肢静脈瘤は大伏在静脈瘤です。