下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 下肢静脈瘤を治療するための手術一覧

下肢静脈瘤を治療するための手術一覧

下肢静脈瘤の治療法についての概要、手術に適した症状をまとめています。

また、再発防止のために日常生活で気をつけることについても解説しています。是非チェックしてみてください。

ストリッピング手術↓
大伏在静脈ストリッピング手術↓
小伏在静脈ストリッピング手術↓
レーザー治療↓
高周波治療↓
硬化療法↓
圧迫療法↓
高位結紮術↓
【番外】日常生活で気をつけること↓

ストリッピング手術

静脈にある弁が閉じなくなり、血液がたまって詰まった静脈を引き抜くという治療方法です。

足首と足の付け根の2カ所を2~3cm程度メスで切開し、血管内にストリッパーというワイヤーを通して糸で血管と固定、ワイヤーを引き抜いて静脈を取り除いてしまいます。

全身麻酔や腰椎麻酔、硬膜外麻酔などの下半身麻酔を使って手術するために、以前は1~2週間の入院が必要でした。

最近は入院期間を短縮している医療機関が増え、入院期間は4~5日に短縮されています。日帰り手術ができるクリニックも増えていますが、限られたクリニックや医療機関のみで行われているので、日帰り手術を希望する場合は可能かどうか問い合わせてみましょう。

ストリッピング手術は治療する部位によって、下記の2つに分類されます。

大伏在静脈ストリッピング

皮膚のすぐ下を流れる表在静脈には、太ももからふくらはぎの内側を流れる大伏在静脈と、ふくらはぎのうしろを流れる小伏在静脈の2つがあります。

どちらに静脈瘤ができるかによって、手術内容や手順が異なります。

大伏在静脈ストリッピング手術は、ストリッピング手術の中でも多く使用されている手術方法です。

手術は深部静脈と大伏在静脈と分岐する部分を確認してマークをつけてから行われ、仰向けになった患者の大静脈合流部分を1~2cmくらい切り開き、静脈瘤のある血管をワイヤーで抜き取ります。

治療費の目安 40,000円前後
保険適用の可否 可能
適した症状 大伏在静脈瘤

小伏在静脈ストリッピング

大伏在静脈ストリッピングは仰向けで手術しますが、小伏在静脈ストリッピングは基本的に横向き、またはうつ伏せでの手術となります。

大伏在静脈の静脈瘤は太ももからふくらはぎに発生しますが、小伏在静脈の静脈瘤は膝の裏からふくらはぎに発生するので、膝窩静脈接合部(静脈のつなぎ目)をしっかり見極めてマーキングすることが重要なので、手術前にはエコーによる入念な確認を行います。

小伏在静脈は腓腹神経と隣接しているため、手術中に神経を損傷しないように手術を行う範囲が狭く、もし神経を損傷してしまうと痺れや感覚麻痺を生じるおそれがあります。

※腓腹(ひふく)神経…アキレス腱の近くを通る神経

治療費の目安 40,000円前後
保険適用の可否 可能
適した症状 小伏在静脈瘤

レーザー治療

静脈を引き抜くストリッピング手術のかわりに、静脈を焼ききって塞ぐ治療法に血管内治療があります。焼かれた静脈は縮み、半年程で体内に繊維として吸収されます。

血管内治療にはレーザー治療と高周波(ラジオ波)治療のふたつが存在し、なかでもレーザー治療は血管内レーザー焼灼術と体外照射レーザー治療に分かれます。

目立たない針孔程度の傷跡しか残らず、多数ある治療法の中でもとくに痛みが少ないとされています。

血管内レーザー焼灼術は、主に伏在静脈瘤のように足の表面に血管が浮き出て蛇のようになったタイプの静脈瘤の治療に使われる方法です。

一方体外照射レーザー治療は、青色の血管拡張である網目状静脈瘤や、赤紫色の血管拡張であるクモの巣状静脈瘤の治療に使われる方法です。

治療費の目安 50,000円前後
保険適用の可否 可能
適した症状 血管内レーザー焼灼術…伏在型静脈瘤
体外照射レーザー治療…網目状静脈瘤・クモの巣状静脈瘤

高周波治療

高周波(ラジオ波)治療は血管内にカテーテルを挿し込み、高熱で内側を焼いて血管を塞ぐ治療法。血管内レーザー焼灼術よりも以前から行われていた方法です。

レーザーと違うのは、ファイバー先端部分全体の7cmが高熱になるので血管を一気に塞げるところです。 特殊な器具を使って傷口を小さくするスタブ・アバルジョン法を組み合わせることで、より傷跡・痛みの少ない治療を行う事ができます。

治療費の目安 50,000円前後
保険適用の可否 可能
適した症状 伏在型静脈瘤

硬化療法

下肢静脈瘤に注射で薬を注入して固める治療方法で、静脈の逆流を防止する弁が壊れて血液が逆流し溜まってしまった静脈に、硬化剤を入れて皮膚の上から圧迫して塞ぎます。

固まった静脈は退化し、約半年で体に吸収されてなくなります。 外来治療が可能ですが治療後は数週間圧迫し続ける必要があり、軽い下肢静脈瘤には効果がありますが、進行した静脈瘤や太い静脈瘤にはあまり効果が期待できません。

治療費の目安 5,000円前後
保険適用の可否 可能
適した症状 クモの巣状静脈瘤・網目状静脈瘤・側枝型静脈瘤

圧迫療法

弾性ストッキングや弾性ソックスで足を圧迫し、静脈還流を助け、血液をスムーズに循環させる治療法で、足のむくみ、だるさ、こむら返り、下肢静脈瘤予防、手術後の対策に効果があります。

ただ、あくまでも下肢静脈瘤予防と進行防止、術後の再発防止のために使われることが多い様です。

治療費の目安 3,000~5,000円前後
保険適用の可否 不可
適した症状 軽度の下肢静脈瘤・手術後の再発予防として

高位結紮(こういけっさつ)術

血液の逆流を抑える静脈弁が壊れ、逆流をしてしまった伏在静脈を深部静脈に合流する脚の付け根部分でしばり、深部静脈から切り離し逆流を止める治療方法です。

深部静脈以外の血管からの血液逆流防止のために、枝分かれしている周辺血管もしばって切り離します。 高位結紮術だけでは根治できず、再発することも多くなります。

硬化療法と併用したり、伏在静脈根部に静脈瘤が出来た場合にはレーザー手術と併用します。 伏在静脈根部の静脈瘤に対しては、ストリッピング治療に高位結紮術を併用することが多いです。

※伏在静脈…皮膚のすぐ下を通っている静脈
※深部静脈…筋肉の間や、その中にある静脈

治療費の目安 3,000~9,000円前後
保険適用の可否 可能
適した症状 他療法との併用が主な適用範囲

【番外】日常生活で気をつけること

日々進化している静脈瘤治療ですが、完全に再発をなくすという段階には至らず、治療後10年以上たつと10~20%の確率で再発します。

下肢静脈瘤予防と再発防止のために日頃からセルフケアし、血液がドロドロにならないよう注意することは、日ごろからできる予防策となります。何事も予防が重要です。

日常生活での予防方法としては、加齢による筋力低下が下肢静脈瘤の原因となっているので、筋肉の衰えを防ぐための運動をするマッサージをする、下肢静脈瘤の原因となる塩分や油分の多い食事を控える、脂質異常や肥満防止のためにバランスのとれた食事を摂るなど血流を改善して静脈への負担を軽くするなど、食生活や生活習慣に気をつけるようにしましょう。

他にも、下半身の血行を悪くするスリムジーンズやガードルなどを履かない、ふくらはぎの筋肉をしっかり使えないハイヒールは控えるなど日常生活で気をつけるべきことはたくさんあります。

一度できてしまった静脈瘤は治療しないと治らず、どんどん進行していきます。 足の静脈が浮いて見えるような場合は、早めにクリニックに相談するようにしましょう。

関西の下肢静脈瘤治療クリニック3選