下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » 日帰りでできる下肢静脈瘤の手術方法一覧

日帰りでできる下肢静脈瘤の手術方法一覧

日帰りで受けられる下肢静脈瘤の治療法をいくつかピックアップしてみました。概要や手術するうえでのメリット・デメリットを各治療ごとに分かりやすく解説していきます。

また、下肢静脈瘤の治療の多くは保険適用内の施術が多く、自婚負担額を抑えて施術が受けられるのです。ぜひチェックしてみてくださいね。

日帰り可能な下肢静脈瘤の治療法・手術法

下肢静脈瘤の治療には基本的に入院は不必要なケースが多くあります。今回は入院が無い施術の中でも、多くの人が利用している治療法をピックアップしてみたので、これから治療をスタートしようと考えている方は参考にしてください。

圧迫療法

下肢静脈瘤の進行を防ぐ「圧迫療法」は、弾性ソックスを着用して静脈瘤を圧迫する療法。基本的には他の治療と組み合わせて行われることが多いです。圧迫療法の具体的な治療の流れや費用目安についてまとめているので、参考にしてください。

硬化療法

注射を使って硬化剤(接着剤のような働きをする液)を流し込んで静脈瘤を改善する治療法です。

下肢静脈瘤の治療の中でも、比較的安く、時間がかからない治療なので、あまり時間もお金もないという人におすすめ。治療の流れや再発率についてもまとめています。

スーパーグルー治療

安全性の高い医療用接着剤を使って下肢静脈瘤になってしまった血管を塞ぐ治療法。

術後のケアが少ないため、弾性ストッキングによる締め付けが苦手だと言う人にべストな療法ですので、ぜひチェックしてみて下さい。

レーザー治療

下肢静脈瘤のレーザー治療は「血管内レーザー焼灼術」「体外照射レーザー治療」の2つ種類あります。

症状によって使い分けるレーザー治療の流れや費用目安をまとめていますので、参考にしてください。

高周波治療

医療の電磁波(ラジオ波)を使った最新の治療法。下肢静脈瘤の治療の中でも体への負担が少ない施術です。

また、下肢静脈瘤の再発率が低いのも特徴の1つ。そんな高周波治療の効果や費用、メリットをまとめています。

その他の治療方法

下肢静脈瘤に有効な手術「ストリッピング術」と「高位結索術」の手術方法や入院期間、メリット・デメリットをまとめています。

他の治療法との違いを知りたい方は参考にしてください。

治療法ごとの費用の違いは?

下肢静脈瘤の施術を受けようとしたとき、やはり気になるのは「費用」です。どんなに受けたい治療があっても、費用が高くて受けられないかもしれません。

治療ごとにかかる費用の相場をまとめてみたので、参考にしてください。