下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » 銀座で下肢静脈瘤の治療が受けられる病院リスト » 銀座下肢静脈瘤クリニック

銀座下肢静脈瘤クリニック

銀座下肢静脈瘤クリニックは、下肢静脈瘤の最新治療を導入しているクリニックです。用意されている施術すべて保険適用となっているため、自己負担額をおさえて施術を受けられます。そんな銀座下肢静脈瘤クリニックの特徴や医師についてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

銀座下肢静脈瘤クリニックの特徴

最新治療を導入しているクリニック

銀座下肢静脈瘤クリニックの最大の特徴は、下肢静脈瘤の最新治療「高周波カテーテル治療」を導入していることです。高周波カテーテル治療は、医療現場で使用される細い管(カルーテル)に熱を伝達させ、静脈を塞ぎ、下肢静脈瘤の原因となる血液の逆流を止める役割をしてくれます。静脈を塞ぐことで血液が巡らなくなるので、原因となっていた血管は収縮し繊維となり、体内から消滅する仕組み。

実際に治療で使用するカルーテルは針穴程度のため、傷跡が残りにくく、術後も腫れにくいのが特徴です。また、銀座下肢静脈瘤クリニックでは、血管内焼灼術の資格をもったドクターが安心して施術を行います。

日帰り可能な治療が安心して受けられる

部分的に使用できる「局所麻酔」を使用することで、体への負担を最低限におさえ、日帰りで治療を受けられるようになりました。長期の休みがとれない人、入院費を抑えたい人にはとくにおすすめのクリニックです。また、銀座下肢静脈瘤クリニックで用意されている静脈瘤治療は全て保険適用なので自己負担額もおさえることができます。

銀座下肢静脈瘤クリニックで対応可能な治療法

高周波治療 静脈を塞ぐ治療法
スタブ・アバルジョン法 針穴程度の細いカルーテルって静脈を切除する治療法
硬化療法 静脈瘤の中に注射で硬化剤を注入する治療法
弾性ストッキング 足を圧迫して血流を良くする治療法
ストリッピング手術(静脈抜去術) 下肢静脈瘤ができた静脈を引き抜く治療法

対応する医師

■嶽崎元彦 医師

銀座下肢静脈瘤クリニックで院長を務める嶽崎元彦医師は、平成14年に弘前大学医学部を卒業後、都立墨東病院の救急センターで多くの医療経験を積んだ医師です。

下肢静脈瘤に興味を持ったきっかけは、自分の祖父や母が下肢静脈瘤になってしまったこと。下肢静脈瘤で悩む多くの人を助けたいと強く考えるようになり、2017年に銀座下肢静脈瘤クリニックを開院。下肢静脈瘤のあらゆる悩みに対し、親身に相談に乗ってくれますよ。

下肢静脈瘤血管内焼灼術認定医の資格を所持しているため、安心して施術を任せられるでしょう。

銀座下肢静脈瘤クリニックの概要

クリニック名 銀座下肢静脈瘤クリニック
所在地 東京都中央区銀座2-3-1 RayGinza 5F
休診日 火曜
診療時間 10:00~19:00
アクセス 「有楽町駅」より徒歩4分
「銀座一丁目駅」より徒歩1分
「銀座駅」より徒歩4分

銀座下肢静脈瘤クリニックなど、
銀座エリアで下肢静脈瘤の治療を受けられるクリニックをピックアップ