下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » 銀座で下肢静脈瘤の治療が受けられる病院リスト » 銀座コクリコ

銀座コクリコ

銀座のシンボル「和光ビル」や「三越」などが立ち並ぶ銀座4丁目交差点にある美容外科「銀座コクリコ」の特徴や下肢静脈瘤の治療法、院長の紹介などについてまとめていますので、ぜひご覧ください。

銀座コクリコの特徴

美容外科クリニックとして評判の「銀座コクリコ」の特徴について紹介しています。

最新のたるみ治療機器が利用可能

銀座コクリコでは、「タイタン(TITAN)」という最新のたるみ治療機器が導入されています。ダウンタイムがなく、確実に皮膚を引き締めてくれるのがタイタンの特徴です。近赤外光ブロードバンドというものを皮膚に照射して静脈を閉塞。下肢静脈瘤の改善にも高い効果を発揮します。

レーザーと光治療を組み合わせた治療法

波長1064nmの「レーザー・ジェネシス」と、しみやそばかすを改善する「ライムライト」を組み合わせて、肌の細胞を活性化させます。レーザー・ジュネシスは皮膚のハリやキメなどを改善するレーザー治療機器。ムーンライトは、表皮のターンオーバーを促進させてメラニンの排泄を促してくれる光治療機器です。

下肢静脈瘤特有の肌のボコボコをレーザーで整え、さらに、レーザーと光治療を組み合わせて、肌シミや赤みなどの改善も期待できます。

男性・外国人も気軽に通えるクリニック

銀座コクリコは、たるみ治療や脱毛治療、ボトックスなどメインに行う美容外科。美容と聞くと女性が通うクリニックという印象を受けますが、銀座コクリコには男性患者も多く通っています。

また、外国人患者も増加しており、公式ホームページは日本語と英語で記載。全ての患者に対して、男性と外国人が占める比率は3割を超えているそうです。

銀座コクリコで対応可能な治療法

レーザー レーザーを使って、静脈を閉じる治療法。銀座コクリコは、最新のレーザー機器を導入しているので、ダウンタイムの少ない下肢静脈治療が受けられます。

銀座コクリコで下肢静脈瘤治療を対応する医師

■木村久理子 院長

福岡県出身の木村院長は、1995年 鹿児島大学医学部を卒業し、同大学院で博士課程修了。

その後鹿児島大学付属病院やその他の総合病院で内科医の経験を積んでから美容医療の道へ進むことになりました。そして、2005年の10月に、「銀座コクリコ」を銀座4丁目交差点に開院。アメリカに住んでいた経験を活かし、年齢や性別・国籍を超えて、多くの人が気軽に通える美容クリニックを目指しています。

木村院長は、「医学に根差した美容と健康」をテーマにした治療を実施。レーザー治療やIPLによるスキンケア、脱毛治療などをメインに行っています。

コクリコはフランス語で「ひげなし」と呼ぶそうで、華やかで奔放に堂々と野に咲くひげなしをイメージして「銀座コクリコ」というクリニック名にしたそうです。

銀座コクリコの概要

クリニック名 銀座コクリコ
所在地 東京都中央区銀座5-9-1 KOTYビル5F
休診日 年中無休(特別休診日を除く)
診療時間 10:00~18:30
アクセス 「銀座駅」より徒歩1分
「東銀座駅」より徒歩3分
「銀座1丁目駅」より徒歩5分

銀座コクリコなど、
銀座エリアで下肢静脈瘤の治療を受けられるクリニックをピックアップ