下肢静脈瘤の日帰り治療が可能な銀座のクリニックを大調査!

HOME » 銀座で下肢静脈瘤の治療が受けられる病院リスト » どんなクリニックに行けば良い?

どんなクリニックに行けば良い?

下肢静脈瘤治療に失敗しないためには、病院選びがとても大切。クリニックによっては対応できる治療法やサービス、技術力が異なるもの。下肢静脈瘤治療を受ける前に知っておきたい病院選びのポイントをご紹介します。どんな病院を選べばいいのか迷っている方はぜひチェックしてみてください。

下肢静脈瘤の治療をお願いする病院の選び方は

下肢静脈瘤の治療を行っている病院選びの最大のポイントは、「日帰り」で手術できるかどうかです。手術が必要と言われた方にとって、「術後は入院したほうが安心だ」と考えがちですが、その必要はありません。

近年は、医療機器の発展と医療技術が向上し、日帰りでも問題なく安全に治療できるようになりました。入院が必要な治療の場合は、全身麻酔や局所麻酔を用いるため、かえって体への負担が大きくなり、リスクが高くなることも。

その点、日帰り手術ではメスを使用せずに高周波やレーザーを用いて治療するため、軽い麻酔のみで治療が可能です。全身麻酔によるリスクが軽減され、トラブルの防ぐことができ、より安全に治療が受けられます。病院を選ぶ際は、まず大前提で「日帰り手術を行っているか」を確認しましょう。

下肢静脈瘤は良性疾患ですが、個人差があり症状も複雑です。次は、日帰り手術以外で信頼できる病院をみつけるための注目すべきポイントをご紹介します。

対応できる治療法が多い

下肢静脈瘤は個人差の大きい病気であるため、さまざまな治療法の中から適した方法を選べるかどうかポイントになります。

下肢静脈瘤の治療はどんどん進化しており、新しい治療法や最新の治療機器がでてきています。

最近よく使用されるレーザー治療でも波長やファイバーの質によって効果が異なるため、症状の度合いによって合う・合わないがあるのです。

下肢静脈瘤の治療法はストリッピングやレーザー、高周波などいろいろあるので、病院を選ぶ際は対応できる治療法が多いところ選び、自分に適した治療法をみつけましょう。

専門性が高い

下肢静脈瘤治療は病院に専門の医師が在籍しているかが重要なポイントとなります。下肢静脈の専門は「血管外科医」。血管外科医ではない医師が担当してしまうと、知識不足が原因で治療法や方針に違いがでる可能性があります。

また、日帰りや痛みを軽減できるなど、さまざまなメリットがあるレーザー・高周波治療は「下肢静脈瘤血管内焼灼術認定医」の資格を持った医師が在籍し、ストリッピング・高位結紮術が行える設備が整っている施設でなければ治療を行うことができません。レーザー・高周波治療を希望する方はきちんと認定を受けた医師が治療してくれるかもチェックしましょう。

そのほかにも、圧迫療法のひとつである「弾性ストッキング治療」にも認定資格が必要です。弾性ストッキングは正しく行わないとかえって治りが悪くなったり、合併症を招いてしまったりする恐れがあるので、選ぶ際には専門医がいる病院を選びましょう。

利便性が高い

病院を選ぶ際は利便性を追求しているかも重要なポイントです。ホームページから予約を受け付けていたり、無料でメール・電話ができたりなど、利便性が高いかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

最近では、スマホアプリで受診できるシステムを導入しているクリニックもあります。医師がスマホ通院できると判断した場合に限り、ビデオチャットで診察できる優れもの。会計もクレジットカードで完了でき、薬は郵送で送られてくるので、忙しい人にはうってつけのサービスです。通院する負担が軽くなるのでぜひチェックしてくださいね。

銀座エリアで下肢静脈瘤の日帰り治療が
可能なクリニック5選