下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 関西で下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧 » ラジオロジークリニック扇町

ラジオロジークリニック扇町

レーザー治療を大阪でいち早く取り入れたラジオロジークリニック扇町の患者さんからの評判、下肢静脈瘤治療などについて紹介します。

ラジオロジークリニック扇町の患者さんからの評判

フキダシ新しいレーザー装置で術後の痛みもありませんでした。手術前はとても不安でしたが先生やスタッフによくして頂き感謝しています。(40代 女性)

フキダシ今までむくんでいた足が細くなって、つる事も全くなくなりました。手術してよかったと思っています。(50代 女性)

フキダシ手術していただいてから今まで一度もこむら返りが起こらず、足の皮膚もあれず、本当に手術をして頂いて感謝しております。(70代 女性)

フキダシ日常生活には何の支障も感じることはく、長年気になっていた瘤がなくなりスッキリしました。(60代 男性)

フキダシ足のだるさがなくなって軽くなりました。手術して良かったと思います。(60代 女性)

下肢静脈瘤の治療内容

血管内レーザー治療 直径1mm程度の細いレーザーファイバーを血管内に挿入し、ゆっくりと引きもどしながら熱を血管に加えて閉塞させる。
硬化療法 細い針で静脈に血管を固める硬化剤を注入、包帯で圧迫して血管を塞ぐ。 圧迫療法 医療用弾性ストッキングや包帯で足を圧迫して静脈瘤の進行を防ぐ。
ストリッピング手術
(下肢静脈瘤抜去手術)
下肢静脈瘤の原因となっている足の静脈の中にワイヤーを挿入し静脈を抜きとる 高位結紮術 血液の逆流が起こっている静脈を高い位置で縛って切り離し逆流を無くす。

クリニックの特徴

大阪でいち早くレーザーを導入したラジオロジークリニック扇町。開院して以来多くの静脈瘤治療を行い、レーザー焼灼術では様々な症例に対する1000例以上の治療実績があり、現在治療に使用している3代目装置は性能も良くなり術後の痛み、皮下出血はほとんどなくなっています。

放射線科医は血管外科医と血管内治療を担当しカテーテルやエコー(超音波)を使う手術は放射線科医の得意とする分野なので、放射線科を専門とする院長はレーザー手術のエキスパート。

クリニックには経験と実績が豊富なレーザー焼灼術指導医、弾性ストッキングコンダクター認定看護師といった専門スタッフが対応してくれるので安心して治療を受けることができます。

ドクター紹介

宮本 信一院長は大阪医科大学を1984年に卒業し、大阪医科大学小児科、京都大学放射線科・核医学科、天理よろず相談所病院放射線科、京都大学大学院、彦根市立病院放射線科、ドイツケルン市小児病院放射線科、神戸逓信病院放射線科部長、静岡市立病院画像診断科科長など国内外の病院で豊富な治療経験のあるベテランドクター。

下肢静脈瘤の診療は平成19年に開始し、H25年7月までに約400例の焼灼術を実施、結紮術や硬化療法も数多く行ってきた。

専門は放射線科で放射線科医は血管内治療の専門家でもあるため血管内のカテーテル操作や超音波穿刺法などの修練も受けている

基本情報

  • 所在地:大阪府大阪市北区神山町1-7アーバネックス神山町ビル(扇町メディックスモール)2F
  • アクセス
    JR大阪駅・阪急梅田駅 徒歩15分
    地下鉄谷町線 東梅田駅 徒歩4分
    地下鉄堺筋線 扇町駅 徒歩5分
  • 診療時間
    月~金曜 9:00~19:00
    土曜 9:00~17:00
    ※第2日曜は手術のみ
  • 休診日:日曜・祝日