下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 関西で下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧 » 大間知クリニック

大間知クリニック

ストリッピング手術で下肢静脈瘤治療する大間知クリニックのドクター紹介、口コミ評判などを掲載します。

大間知クリニックの患者さんからの口コミ

フキダシとても親切なドクターで丁寧に優しく診てもらえました。日曜日も診察してくれるのでとても便利です。(40代 男性)

フキダシ先生の的確な診断のおかげで永年の悩みがなくなりました。手続きがとても早いところもいいですね。(50代 女性)

フキダシ先生の人柄がすばらしく治療方針の説明も良くわかって安心しておまかせすることができました。人気のあるクリニックなので待ち時間が少し長かったです。(40代 女性)

フキダシ待合室も院内も清潔で、椅子もスリッパも殺菌消毒されているので安心して通院できます。(30代 女性)

フキダシ先生がとても気さくなので相談がしやすいです。手術の実績数も多かったので技術的にも信頼することができました。(40代 女性)

下肢静脈瘤の治療内容

硬化療法 静脈に細い針を刺して血管を固める硬化剤を入れ、医療用ストッキングなどで圧迫して血管を塞ぐ。日帰り外来で治療可能。

クリニックの特徴

消化器科、肛門科専門クリニックとして豊富な診療、手術実績を持つ大間知クリニック。最新の治療法と医療機器を導入して高水準の医療を提供しています。

肛門科、消化器科の他にも外科、内科、皮膚科、循環器科、ペインクリニックと幅広い診療科があり、かかりつけ医として地域に密着した医療を充実させ、地域医療への貢献を目指しています。また、通院困難な患者さんには訪問診療も行い、下肢静脈瘤治療では外科的手術、硬化療法を精力的に行なって評判を得ています。

ドクター紹介

大間知祥孝院長は富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業後、大阪大学医学部第二外科、大阪大学医学部附属病院、八尾市立病院外科、大阪大学医学部第二外科、大阪大学細胞生体工学センターで膵酵素阻害物質の遺伝子制御機構の研究、大阪大学医学部附属病院第二外科病棟主任、吹田市立病院外科医長として経験を積んだ後、1997年に大間知クリニックを開院、地域に密着した医療を充実させるために幅広い診療科を設け、かかりつけ医として十分な役割を果たせる、信頼できるクリニックを目指している。

基本情報

  • 所在地:東大阪市長堂2-15-10
  • アクセス
    近鉄布施駅 徒歩8分
  • 診療時間
    月・火・木・金曜 9:00~19:00
    日曜9:00~12:00
    土曜 9:00~16:00
    ※月・火・木・金・土曜の13:00~16:00は手術または予約
  • 休診日:水曜、祝日