下肢静脈瘤を治療できる評判のクリニック徹底調査!

HOME » 関西で下肢静脈瘤の治療ができる病院一覧 » 江本クリニック

江本クリニック

江本クリニックを調査し、下肢静脈瘤治療、口コミ評判などについて紹介します。

江本クリニックの患者さんからの口コミ

フキダシ先生の説明がたいへん分かりやすくて安心できました。しっかりと説明しながら検査してくれて状態も良く分かり全く苦痛を感じることなく終わり、とても上手な先生と聞いていたとおりでした。(40代 女性)

フキダシ院長先生は説明がテキパキして分かりやすく話し方もとても明瞭で聞きやすかったです。受付の方は親切で看護士さんもニコニコして優しかったです。(30代 女性)

フキダシとても綺麗なクリニックでトイレも清潔。看護師さん達が生理整頓しながら働いているので見ていて気持ちがよかったです。(40代 女性)

フキダシ院内がきれいで掃除が行き届き、ベッドが並んでいる部屋もインテリアが明るくて心地よかったです。ミネラルウォーターの設置がありがたかったです。 (40代 女性)

フキダシ先生も看護師さんもとても気さくな方々でしたので安心できました。 土日はかなり込み合ってるのですが待ち時間がどのくらいか言ってくれるので、家に帰って待つことができました。 (30代 女性)

下肢静脈瘤の治療内容

硬化療法 静脈の逆流防止弁が壊れて血液が逆流し溜まってしまった静脈に硬化剤を注入し、皮膚の上から圧迫して塞ぐ。固まった静脈は退化し体に吸収されて消滅する。

クリニックの特徴

江本クリニックは内科全般、消化器、甲状腺、乳腺疾患を中心に診療、高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病予防と治療に力を入れ、胃癌や大腸癌などの早期発見のために胃カメラや大腸内視鏡検査を苦痛の少ない方法で行っている安心して通院できるクリニックです。

電子カルテを導入しているので胃カメラや大腸カメラ、エコーの結果は瞬時に診察室モニターで確認することが可能。 大阪労災病院とは隅々まで連携がとれているので紹介、入院、手術がスムーズにでき、CT検査・MRI検査も近隣施設と連携しているので受診当日に検査を受け診断することができます

江本クリニックのコンセプトは1.診連携に基づいた高度先進医療実施、2.電子カルテ・画像ファイリング導入でペーパーレスを実践、3.軽い鎮静剤など使用して苦痛の少ない胃・大腸カメラ検査を施行、4.癌の早期発見、術後フォローに関し専門性の高い医療を提供、5.ポリープ切除は日帰りで行い入院に伴う時間と費用を節減、6.セカンドオピニオン重視の6つです。

ドクター紹介

江本節院長は1993年に大阪大学医学部大学院卒業、大阪大学医学部第一外科、紀南病院、大阪労災病院、大阪警察病院、大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター医長の間に消化器癌や甲状腺・乳腺疾患の外科治療に携わり、長年の経験から癌の早期発見の重要性や生活習慣病を含めて総合的に診る必要性を痛感し、2005年に江本クリニックを開院、地域の方々に愛されるクリニックを目指している。

基本情報

  • 所在地:大阪府堺市北区長曽根町1467-1エイトワンビル1F
  • アクセス
    地下鉄御堂筋線 新金岡駅 徒歩7分
  • 診療時間
    月・火・水・金曜 9:00~12:00/17:00~19:00
    木・土曜日 9:00~12:00
  • 休診日:木・土曜午後、日曜・祝日